背中ニキビ 原因

背中ニキビが出来る原因は?

普段あまり目につくことの無い背中ですが、ニキビができてしまうと肌触りも悪くなり、気になってしまいがちです。
一体なぜ、背中ニキビはできてしまうのでしょうか。

 

その原因としてまず挙げられるのが、過剰な皮脂の分泌です。
背中は元から皮脂腺が多い場所です。
そのため、皮脂による毛穴の詰まりが起こりやすく、そこに雑菌が繁殖してニキビができやすくなります。

 

また、衣服などの摩擦も原因となります。
肌が擦れることで肌の表面が固くなり、毛穴が詰まりやすくなります。
そうすることで、やはりニキビができやすくなってしまいます。

 

更には、シャンプーやリンスのすすぎ残しにも注意が必要です。
十分に洗い流せていないと背中に残ったままとなり、ニキビができる原因となります。

 

以上が、背中ニキビができてしまう原因です。
ニキビができたまま放置したり、引っ掻いたりしてしまうと背中ニキビ跡が残ってしまうことがあります。

 

そのため、適切な方法でケアを行い、予防や改善に努めることが大切です。
具体的な対策についてですが、まずはニキビができても触ったり引っかいたりしないようにしましょう。

 

症状が悪化したり、跡が残りやすくなります。背中を洗う際は、優しい素材のタオルで擦るか、手で洗うようにしましょう。

 

また、すすぎ残しが無いようにしっかりと洗い流し、十分に保湿を行いましょう。生活習慣の見直しも大切で、十分な睡眠やバランスの良い食事を摂ることも重要です。

 

>>背中ニキビが消えた!?