ニキビ 保湿

ニキビには保湿するのがいいの?

日本では、大人ニキビに悩む女性が増えています。
大人ニキビの原因のひとつは、乾燥です。

 

加齢により肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーが遅くなると、古い角質が毛穴を塞ぎます。
肌が乾燥すると、毛穴をふさぐ角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。そこにアクネ菌が繁殖すると、ニキビになります。

 

最近は、大人ニキビ用の化粧品が様々なメーカーから販売されていますが、どの化粧品も保湿力の高い美容成分が配合されています。

 

皮脂を取り過ぎない低刺激の洗顔料で汚れを落とし、保湿力の高い化粧水で肌に潤いを与えます。
乾燥が気になる場合は、ローションパックやシートマスクも有効です。

 

ニキビが治った後に、色素沈着などの跡が残ってしまった場合は、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白成分が配合された化粧品を使うと、色素沈着が目立たなくなります。

 

ビタミンC誘導体には、美白作用に加えて抗酸化作用があり、活性酸素の害から肌を守ってくれます。
紫外線を浴びると、活性酸素が大量に発生し、様々な肌トラブルや老化の原因となります。

 

プラセンタには、抗炎症作用があるので、炎症からも肌を守ってくれます。
ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されている化粧品を使えば、低下した肌のバリア機能を正常にして、外部の刺激から肌を守ることができます。

 

肌をしっかりと保湿し、栄養バランスの取れた食事と質の良い睡眠を取ることで、肌の状態は徐々に回復していきます。

 

>>背中のニキビ跡が消えた!?モデル愛用の美容液で背中ニキビ跡を治しました