皮脂 分泌

過剰に皮脂が分泌するとどうなるの?

一般的に皮脂が抑制できるとされている方法を実行しても、相変わらず多量に分泌されてしまう方がいます。

 

そうした方々は皆共通している悩み事を抱えており、それは常に不必要な皮脂が表皮上に存在しているため、炎症や吹き出物が引き起こされやすいという事です。

 

皮脂が多く出てしまうと毛穴に詰まってしまい、赤く炎症が引き起こされる上にニキビなどが出るのは事実であり、時間が経過し角質化すると硬化してますます取れなくなりますし、酸化によって黒くなってしまい見た目に不潔感が現れるようになってしまいます。

 

そこで気にかけるべきなのは男性ホルモンの存在であり、男性ホルモンが過剰に増えすぎてしまうと、皮脂量も比例して増幅することが判明しているのです。

 

そのため、中年男性を中心として突出して皮脂が目立つようになるのですが、女性が全く悩まされないというわけではありません。
女性であっても体内には少なからず存在していますし、標準値よりも多い様子なら皮脂によるテカリなどが気になりやすくなります。

 

そういったトラブルを防ぐためにはいくつかの対処方法が存在し、まずは十分に保湿することが挙げられます。
保湿は逆効果に見られてしまうこともありますが、あぶらとり紙などで何度も吸収させていると、脳が不足状態に陥っているという勘違いが行われてしまい、なお一層たくさん放たれてしまうようになります。

 

また、水分を与えてあげる時にはヒト型セラミドが入っているタイプを選んであげるようにしてください。